企業の不動産戦略「CRE」とは

デメリットを知る

資金が必要になる

不動産を購入する時は、当たり前ですがお金が必要になります。
しかも200万円以上のお金がかかると思ってください。
簡単に購入できないので、費用が高額になる部分がネックです。
最初は企業の信頼性も低いので、金融機関がお金を貸してくれるか分かりません。
これまでに企業の経営を成功させていて、毎月どのくらいの利益を得ているのか具体的に伝えれば、審査を通過できるでしょう。

経営を始めたばかりの頃は、安定した収入を得られていないと思います。
そのような状態では、返済できるか分からないので金融機関はお金を貸してくれません。
CREを始めるのは、経営が軌道に乗ってからにしましょう。
安定した利益を得られるようになったら。不動産を購入してください。

その他のお金

不動産をようやく購入できて、それっきりにならないでください。
管理しないと、どんどん価値が低くなってしまいます。
購入した当初は価値が高かった不動産でも、管理を怠るとどんどん汚くなって価値がなくなります。
そんな不動産を持っていても意味がないので、CREを成功させるためには不動産の管理が大事です。

きちんと管理するために、維持費が必要になります。
これからCREを開始しようと考えたら、購入費の他に維持費も計算してください。
たくさんの不動産を購入するのは良いですが、その分維持費も大きくなります。
また、家事などの災害で壊れる危険性もあります。
不動産を購入するということは、そのようなリスクもあると覚えておきましょう。


この記事をシェアする