企業の不動産戦略「CRE」とは

良い部分を知ろう

他の企業との繋がり

スムーズに経営していくためには、他の企業とたくさん繋がりを持つことが大事です。
情報交換をしたり、困った時は助け合ったりして仕事を進めていきます。
不動産を持っていれば、自身の企業にも価値が高まるので繋がりを持ちやすくなります。
価値の高い企業と友好的な関係になりたいと他の企業は思っているので、不動産をアピールしてください。

CREに積極的に取り組んでいる企業は、不動産をたくさん所有しているので繋がりを持ちやすくなります。
現段階で親しい関係の企業が少なくて、困った時に頼る相手がいない企業はCREを開始してみましょう。
高額な不動産を持っていれば、それで良いわけではありません。
価値のある不動産を手に入れましょう。

資金調達のこと

新しい仕事をする時は、資金が必要になります。
経費だけで補えない場合は、金融機関に申し込んでお金を借りる必要があります。
ですが、審査を通過できないとお金を借りることはできないので、通過できるように自分の信頼性を高めておきましょう。
不動産を所有していれば、社会的な信頼を高めることができます。
CREを利用して、自身の信頼性をアピールしている企業が多いです。

不動産は高額なので、簡単に購入できるものではありません。
それを持っているということは、ある程度の利益を定期的に得ている証拠になります。
他にも社会的な信頼を高めていれば良いことはたくさんあるので、いざという時のために価値のある不動産を所有しておきましょう。


この記事をシェアする