企業の不動産戦略「CRE」とは

詳しくCREのことを知ろう

生まれた国

CREは、1960年ごろにアメリカで誕生しました。
それから進化し続けて、今ではほとんどの企業がCRE専門の部署があります。
専門の部署を作るぐらい、経営を進めていく上で重要な部分という意味です。
日本にCREが伝わったのは最近なので、専門の部署を作っているところは少ないです。
多くの企業では、他の仕事と同時進行でCREを進めています。

しかし両方の仕事を順調に進めることは難しいので、中途半端になってしまうケースが多いです。
アメリカのように日本でもCRE専門の部署を作ると、もっと効果的に進めることができるかもしれません。
海外の企業を参考にすれば、上手い経営方法を見つけることができます。
経営に行き詰っているなら参考にしましょう。

なぜ重要なのか

アメリカでは、不動産の持つ価値が重要視されています
不動産は、その時に応じて価値が大きく変わります。
急に価値が上がることもあれば、下がることもあります。
価値の高まりそうな不動産を見つけて手に入れると、所有する財産が増えます。
ですから不動産を企業で管理する、CREが大切だと言われています。

日本でも、不動産の価値は年々高まっています。
今から使えそうな不動産を持っていれば、将来困った時に活かせるでしょう。
アメリカの企業を見習って、積極的に不動産を購入してください。
不動産の価値が高まれば、それを持っている企業の価値も高まります。
CREの大きな狙いはそこです。
価値がある企業だと、消費者にアピールしましょう。


この記事をシェアする