定期的な歯周病チェックで美しい歯を

定期的な歯周病のチェックによる美しい歯の維持について

>

歯周病が悪化する要因と歯周病ケアの効果

歯周病とは何か

日本では成人の歯周病増加が叫ばれて久しいですが、端的に歯周病とはどのようなものなのかというと、口腔内に存在する無数の口内細菌のうち悪性の口内細菌が増殖することにより、細菌感染が引き起こされることに起因した歯茎の病気と言えるでしょう。

悪性細菌とはいえ、元々口腔内に存在する細菌によって、細菌感染が引き起こされることに疑問を感じられる方がおられるかもしれません。
歯周病の原因は悪性細菌への感染にあるものの、細菌感染が起こるかどうかに個人差があり、外的要因で引き起こされることもあれば遺伝によって引き起こされることもあります。

歯周病は、基本的に外的要因によって体力と免疫力が低下することが原因となりやすい病気です。

歯周病の原因と基本対策

大まかな歯周病の原因として生活と環境が挙げられ、不規則な生活を送っていたり食事の栄養バランスに偏りがあったりすると、体力と免疫力の低下で歯周病を罹患しやすくなります。
同様に飲酒や喫煙で口腔や内臓に負担をかけた場合も、歯周病を罹患しやすくなる他、ストレスによる免疫力の低下も歯周病の原因になり得ます。

つまるところ歯周病を罹患する原因は、生活や環境、体力と免疫力の低下によるところが大きいわけですが、遺伝に起因するものの場合は生活や環境を改善しても、罹患する可能性がゼロではありません。

歯周病の基本低策としては、規則正しい生活を送りバランスのとれた食事を心がけること、過度な飲酒喫煙を控えることが挙げられますが、歯磨きやうがいといった口腔のケアも必須であるものの、ストレスに対して対策を取れない場合もあるでしょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる