企業の不動産戦略「CRE」とは

企業に重要なCRE

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

詳しくCREのことを知ろう

日本では、まだCREという名前を聞き慣れません。 生まれたのが海外で、やっと日本に伝わってきたのでそれも無理はありません。 海外のCREを参考にすれば、今後の経営に活かせるかもしれません。 どこの国で誕生したのか、他の国ではどのようにしているのか学びましょう。 続きを読む

どこでCREが誕生したのか

CREという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
それは、企業が利益を大きくするために所有する不動産のことです。
企業にはそれぞれ仕事がありますが、それだけでは利益を大きくできません。
不動産を持っていれば、経営が上手くいかなくなってお金が無くなった時に売却すれば、お金を得られます。
万が一の事態が起こった時に使えるので、最近はCREをする企業が増えています。
不景気な世の中なので、これまでは経営が上手くいっても急に悪くなるかもしれません。
どんな事態が起こっても良いように、価値のある不動産を備えておきましょう。

CREに含まれるのは、土地だけではありません。
所有しているビルや工場なども、CREに含まれています。
さらに何かをレンタルして、仕事で使っているかもしれませんよね。
それもCREです。
ですからCREという名前を知らなかっただけで、実はすでに開始していたという企業も見られます。
CREの内容を具体的に知ることで、今度は意図的に実践できます。
すると、利益を大きくすることができるでしょう。

これまでと同じことをしているだけでは、利益を増やせません。
土地や建物を所有する時は費用が必要になるので、気軽に購入することはできないかもしれません。
ですが、それが今後大きな利益をもたらしてくれるかもしれないと考えてください。
利益が大きくなれば、社員の給料も増えます。
するとやる気を持って仕事に取り組めるので、メリットが増えるでしょう。

良い部分を知ろう

企業がCREをすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。 たくさん価値のある不動産を持っていることで、他の企業と繋がりを持ちやすくなります。 また不動産があれば社会的な信頼を得ることもできるので、資金調達が簡単になるというメリットも生まれます。

続きを読む

デメリットを知る

CREのことを知ると、メリットが多いと分かります。 そのことだけを知って、さっそく不動産を購入しようと思う人がいるでしょう。 ですがデメリットも存在することを、絶対に忘れないでください。 デメリットに気をつけていれば、CREを順調に進めることができます。

続きを読む